めまいの原因と対処

2021年06月20日

【めまいの原因】

当院には、めまいの方が多く来院されます。

 

めまいは、肩こりの延長です。

 

と聞くと驚かれる方もいるかもしれません。

 

来院される方のほとんどが肩こりを自覚症状として持っています。

 

 

めまいを肩こりと言ってしまうとかなり大雑把な表現になるので、もう少し厳密にいうと

”めまいは、首の異常で頸椎の6番(首の下部)がゆがむ“

ことで起こります。

頸椎6番という椎骨は、腕の疲労に大きく影響されます。

保育士さん(だっこをする)などよく腕を使う職業の方にめまいが多いのはこのためです。

 

頸椎は、目(頸椎2番)、鼻(頸椎3番)、口、顎(頸椎4番)、耳(頸椎6番)と関係しており、肩こり首こりをこじらすことで、頭痛、目の奥が痛い、アレルギー性鼻炎、顎関節症、歯が浮く、めまい、耳鳴り、突発性難聴、耳閉感、動悸、胸の痛み、息がしにくいなどの症状が出ます。

頸椎のゆがんだ場所によって、人によっては頭痛、人によっては耳鳴り、人によってはめまいになるということです。

 

 

 

【めまいの対処】

整体を受けられるのが良いと思います。

 

触ってみると左か右の頸椎の6番2側(6番の高さの左右の筋肉が盛り上がっている部分)が後ろに飛び出しているように感じることが多いので、当院の整体では頸椎6番のズレを整えます。

 

私達の行う二宮整体は、頸椎6番のズレを調整する場合には「下肢を触った骨盤調整」と「上肢の調整」を行います。

整体は、患部を観察した上で遠隔的に調整します。

 

めまいの対処は簡単に言うと 

”骨盤のゆがみを整えて、腕の疲労を取りることで頚椎6番を調整することです。“

 

以下を参考にしてください。

一人でできる ~めまいに良いセルフ整体~

 

 

人に施術をする場合のやり方 ~腕の疲労を取る~

 

 

 

 

 

【まとめ】

頸椎6番のゆがみでめまいが起こるので、首肩が凝らないように気を付ける

 

めまいを予防するために日頃から、腕の疲労を残さないようにすること

 

このようなことを心がけていただくと良いです。

「身体を根本的に調整する!」とは!? 自律神経の話と整体実技(動画あり)

2021年05月25日

【桜セミナーについて】

「整体を勉強してみたい!!」

という人であれば、どなたでも参加できます。

必要な国家資格等はありません。

開催日は、毎月第4日曜日

場所は、桜鍼灸整骨院木川東(大阪市淀川区木川東1-10-32-102)

時間は、16時45分~19時45分の2時間

参加費は2800円です。

初めての方もご予約の上、お気軽にご参加ください!

 

 

5月23日(日)桜セミナー開催しました。

今回は、大阪、兵庫、京都、和歌山、奈良と他府県から多数の方にご参加いただきました。

わざわざ遠い所から整体の勉強に来ていただけることをとてもうれしく思っています!

 

今回のあらすじです。

(話)「身体を根本的に調整する!」というのはどういうことなのか?

~自律神経を整えて、根本的に元気になっていただくということの意味とは~

(整体実技)簡単な4つのパターン分け 観察と施術

 

↓詳しくご覧になりたい方は、動画も是非ご覧ください!↓

 

 

【話】

二宮整体は、自律神経を調整することを目的とした整体です。

鍼灸整骨院をしていると、ほとんどの方は「痛み」で来院されます。

そういう意味では、「自律神経を調整する整体」というのは、ごく一部の方にしか効果がない・意味がないように感じられる方も多いかもしれません。

 

ここからは、

「なぜ自律神経を調整することが痛みやしんどさ、不快な症状、病気の軽減や改善に直接つながるのか??」

ということ説明してゆきます。

 

例えば、このようなケースをご紹介しましょう。

太郎さんは、ある日腰に強い痛みを感じました。

なんとか仕事をこなして、その日は自宅でゆっくりと過ごしました。

翌日も痛みはありましたが、前日よりも軽減しています。

結局、病院(治療院)にもかかることなく3日ほどで良くなりました。

 

次郎さんは、ある日腰に強い痛みを感じました。

なんとか仕事をこなして、その日は自宅でゆっくりと休みました。

翌日も痛みが軽減することはなく、前日よりもむしろひどくなっています。

自力では治らないと判断した二郎さんは、結局3日後に病院(治療院)に対診しました。

 

太郎さんは、病院や治療院などの医療機関にかかることなく良くなりました。

次郎さんは、病院や治療院にお世話にならざるを得なくなりました。

お二人の違いは何なのでしょうか??

 

人は、「これは、自分の力では治らないかも!?」と感じた時に病院や治療院などに通院するものです。

肩に張り感や違和感があっても、自分でストレッチして少し揉んだら良くなったのであれば、わざわざ病院には行かないですよね。

 

要するに、皆様が通院される理由は、

「放っておいて改善しない痛みを取ってもらいたい!」

というご要望なのです。

じゃあ、なぜ太郎さんは放っておいて良くなったのに、次郎さんは放っておいてよくならなかったのでしょうか??

 

それは、太郎さんは、「自分の力で回復できる身体(免疫力が高い身体)」であり、

次郎さんは「自分の力で回復できない身体(免疫力が低い身体)」であったからです。

 

病院や治療院で施術を受ければ、どのような施術であっても痛みは軽減することが多いでしょう。

しかし、もっと大切なのは、その方のお身体そのものを「自分で回復できない身体」から「自分で回復できる身体」に変えておくことだと感じています。

 

それが、

「お身体を根本的に整える」ということであり、

それは「自律神経を整える」ということなのです。

 

自律神経が整った状態は

「昼にバリバリ仕事ができて(集中力があり)、夜にリラックスして休める(回復できる)身体」なのです。

 

「自分で回復できる身体の代表」は、「元気な子供」です。

お昼に思いっきり動いて、夜寝ると眠りは深く少々物音が鳴っても起きません。

残念ながら大人は、ストレス、食べ過ぎ、冷え、偏り疲労などが原因となり、自律神経が乱れた時「自分で回復できない身体」になってしまいます。

大人の身体から元気な子供の身体に戻ることはできませんが、元気な子供の身体に近付けることはできます!

それが、自律神経の調整を目的とした根本施術の二宮整体になります。

 

 

【人間の異常は2種類!その異常を見極めよう】

人間の異常は2種類です。

弛緩異常と緊張異常です。

 

弛緩異常(交感神経の機能低下状態)

目がボーっとしていて、やる気、集中力の低下した状態の方。

だいたい身体がだるい、しんどい、疲れたと言われることが多いです。

体調を崩すと、寝過ぎ、食べ過ぎ傾向になりやすい。

左後頭骨が下がって、左肩が下がり、左の骨盤が開いている状態。

これをAパターンとします。

 

緊張異常(副交感神経の機能低下状態)

目が緊張していて鋭く、呼吸は浅く、リラックスできずに身体の力を抜くのが下手な方。

夜の眠りが浅く、寝付けなかったり、早朝に起きて眠れないなどなりやすく回復しにくい身体である。

体調を崩すと、眠れない、食べれない傾向になりやすい。

右後頭骨が下がって、右肩が下がり、右の骨盤が下がっている状態。

これをCパターンとします。

 

上下で異常側が交差しているBパターン、Dパターンもあります。

右の後頭骨が下がり、右肩が下がっているが、左の骨盤が開いているBパターン。頭に気が上がって下りにくい状態で、身体は重くだるい。

左後頭骨が下がり、左肩が下がっているが、右の骨盤が下がっているDパターン。頭に気が上がらないので決断がしにくく考えがまとまらない。身体は緊張しやすく休めない状態。

 

【施術】

(1)観察

(座位)後頭骨の観察、肩の高さをみて、また筋肉を触って観察

(仰臥位)後頭骨の高さ、頚椎の状態、骨盤の状態、下肢の重さ、足背、足趾を観察

本来は、腹臥位で背骨の観察をするところを今回は時間の都合上カットして座位と仰臥位のみで上下の異常側を決める(要するにA~Dの どのパターンに当てはまるのか)実技の練習を行いました。

気の通りの悪い側、触られて痛い側、高さが落ちて下がっている側、重たく感じる側を総合的に判断して異常側としました。上半身、下半身で左右の異常側を決定。

 

(2)施術

Aパターン

左上肢の施術、左骨盤を締める

Bパターン

右上肢の施術、左骨盤を締める

Cパターン

右上肢の施術、右骨盤を上げる

Dパターン

左上肢の施術、右骨盤を上げる

 

上肢の整体:合谷、手三里、尺沢、腕の疲労、肩甲骨剥がし など

下肢:左が異常側であれば左を締める調整、右が異常側であれば右を上げる調整

簡素な説明ですみません。

詳しくは動画をご覧ください。

 

(3)再度観察

施術が終わったら、再度観察を行います。

触った感じ分厚いようなところはスッキリとしましたか?

押されて痛かったところは痛みが取れましたか?

施術されたご自身の感覚で触あった感じが変化しており、患者さんも触られた感じの痛みが減っていればうまく調整ができています。

 

【まとめ】

お身体を観察して、A~Dのどのパターンにあたるのかを判別する。

それぞれのパターンに合わせた施術・調整を行う。

弛緩異常(交感神経の機能低下状態)は、「シャキッ」と引き締まる調整が良い。

緊張異常(副交感神経の機能低下状態)は、「ふわっ」とリラックスする調整が良い。

 

 

【感想】

参加された皆様、とても熱心で素晴らしいと感じました。

初めて参加の方も多かったのですが、実技練習中も楽しい雰囲気で過ごせたことが良かったです。

桜セミナー旧メンバーのKさん、Y君、AN当日はご協力ありがとうございました!

 

ワンポイントアドバイス

細かいところですが、「抜く」動作が大きい方が多いように感じました。

整体において、「抜く」動作はとても大切です。

ほとんどの調整で、小さく早く「スッ」と抜きます。

皆さん、「抜く」というと手を放してしまえば良いのかと感じてしますかもしれませんが、それは少し違います。

10入れているものを7~8くらいとどめて2~3くらい緩めてほしいのです。

力が「ふわ~っ」と抜けてしまうのは、我々は「抜く」とは呼びません。

小さく早く「スッ」と抜くことを意識されると、更に技に磨きがかかると思いますよ!

慣れないうちは自然にできないかもしれまんが、練習を重ねるうちに力まずにうまく抜けるようになると思います。

 

ご参考まで。

また皆様にお会いできる日を楽しみにしています!

 

 

【桜セミナーについて】

最後に、桜セミナーの宣伝になります。

「整体を勉強してみたい!!」 という人であれば、どなたでも参加できます。

必要な国家資格等はありません。

 

開催日は、毎月第4日曜日 場所は、桜鍼灸整骨院木川東(大阪市淀川区木川東1-10-32-102)にて 時間は、16時45分~19時45分の2時間 会費は2800円です。

 

初めての方もお気軽にご参加ください!

怒る人とかこわい人は、いませんのでご安心を(笑)

整体講習会の報告 膝痛の調整

2021年04月27日

4月25日(日)にR3年4月の桜セミナー行いました。

桜セミナーは、毎月第4日曜日に私が主催している整体の講習会になります。

毎月、第4日曜日には二宮整体の講習会が新大阪で13時~16時まであります。

桜セミナーの参加者の多くの方は、二宮整体の講習会が終わってから、はしごで私のセミナーに来られます。皆さん、休日に朝から晩まで勉強でその熱心さには頭が下がります。

だいたいの方は整体が好きで楽しんでしているから、続くんでしょうね♪

 

 

3月も桜セミナーの後にも、YouTubeの動画を上げたのですが、うれしいことが一つ。

動画をみて

「非常に詳しくご説明されているので驚きました!参加したいんですが、誰でも参加できますか?」

と新規の方からLINEで問い合わせがあり、今回参加していただきました。

うれしかったです!!

やっぱりYouTubeやインターネットの力はすごいです。

 

 

今回の講習会の内容は、

お話は「首の寝違い、ぎっくり腰、背中の筋違いの原因と調整の方法」

整体実技は膝痛の調整

でした。

※話と実技がバラバラですね(笑)

 

 

詳しく見たい方はこちらの動画をどうぞ!

 

 

 

【話】「首の寝違い、ぎっくり腰、背中の筋違いの原因と調整の方法」

「首の寝違い、ぎっくり腰、背中の筋違い」このような症状には、共通点があります。

「くしゃみをしたときに腰が抜けた」

「呼ばれて振り返ったときに首を痛めた」

それは「くしゃみをした」とか「振り返った」とかいう動作がぎっくり腰や筋違いになる引き金に過ぎず、その根本的な原因はその方のお身体自体に「歪みや不調」が既にあったということです。

身体は強い痛みを出して

「もう動かないで!」

と止める。

仮に子供がくしゃみをしたり、振り向いてぎっくり腰や筋違いになりますか?

子供は、車のシートで頭を倒して(肩に耳がつくぐらい頭を倒して)寝てしまっても首の筋違いは起こしませんよね。

上等な身体で状態が良ければ、ぎっくり腰や筋違いは起こらないのです。

 

では、ぎっくり腰、首の寝違い、背中の筋違いとは何なのか!?

要するに身体のボイコット(仕事放棄)ですね。

身体が

「もうこれ以上、無理したらあかんよ!!」って言ってくれているんです。

じゃあ、痛みを取って、元の良い状態に戻すにはどうしたらいいのか!?

それは単純なことで

「身体そのものの歪みや偏った疲労を取ること」

です。

ここが大変面白いところなのですが、

腰が痛くなっているから腰が悪い。

首が回らないから首が悪い。

訳ではないのです。

原因は、痛みの箇所以外のところにあることが圧倒的に多い。

 

二宮整体は、お身体を遠隔的に調整できるのが大きな特徴です。

例えば、腰が痛んでいるときに施術とはいえ腰をゴリゴリ押されたら怖いですよね。

逆に痛める心配すら出ます。

整体では「1、観察 → 2、施術 →3、観察」の手順で施術を進めます。

1、観察:まず動き(関節の可動域)をみます。痛めた部分の状態を触って調べます。

2、施術:下肢、上肢など全身を触って施術をします。

だいたい患者様に驚かれるのは、「こんなところが痛い(ツボにひびく)とは知らなかったです。」と言われます。

触られて痛むといっても患部でないところなので、安全です。

3、観察:最初にしていただいた動きを再度確認します。動作痛が取れて、関節可動域が拡大していればうまく調整できています。痛めた部分の触った状態も施術前に感じた異常感が取れていればOK。

 

二宮整体をはじめてから、ぎっくり腰や首の寝違い、背中の筋違いの施術をすることが楽しくなりました。

とても多くの方に成果を感じていただけます。

 

施術に限らず、どのようなサービスであっても

「驚き(サプライズ)を創る!」

のは、個人的にとても大切なことだと思っています。

 

腰が痛くて、腰を施術してもらって少し楽になった。

では、普通ですよね。

ぎっくり腰で動けなくなって、施術で腰ではなく足を触られたらすごく痛くて(ひびいて)、施術が終わったらスリッパを自分で直せるくらいかがめるようになった!!

だったら、おもしろいと思いませんか!?

 

「整体は、面白いものです。」

そのことを伝えたくて、日々施術をしています。

 

 

【整体実技】 膝痛の調整

1.パテラ(膝蓋骨)周りの輸気

触ってみて、感覚的につまるところ動きの悪いところを重点に輸気を行います。

 

2.第2、第3中足骨の間を 上から下へ擦る

二宮整体では第3趾は、泌尿器の系統に分類されます。

まずは3趾をよく引っ張っること。

お膝の痛みのある方はだいたい痛みがあり、触った感じ3趾の根元が分厚く感じます。

膝痛の調整がすべて終わった後で、触ってみたときに3趾の圧痛が取れていればうまく調整できています。

その上で第2、第3中足骨の間を 上から下へ擦ります。

膝の痛みを抑えるのに効果があります。

 

3.膝裏調整点 ひかがみ 輸気

膝の真後ろの内下くらいにポイントがあります。

少し骨が出ているように感じるところ、きちんと角度を合わせて両手で調整します。

 

4.膝を曲げてから内側、外側に回しながらゆっくり伸ばす

まっすぐ曲げてから内側、まっすぐ曲げてから外側というように他動的に動かします。

内側、外側の動きをみておいて、動きにくい方ではなく動きやすい方をメインで動かします。

動きやすい方、心地よく感じる方ををしっかり動かすことで、動きにくい方もスムーズに回るようになることが期待されます。

 

5.利尿調整点(利尿活点)

太ももの内側の中央辺りにポイントがあります。

膝の痛みの調整に使います。

おしっこの出が悪い場合、頻尿傾向の方にも調整で効果が期待できます。

 

【桜セミナーについて】

桜セミナーの宣伝になります。

「整体を勉強してみたい!!」

という人であれば、どなたでも参加できます。

必要な国家資格等はありません。

 

開催日は、毎月第4日曜日

場所は、桜鍼灸整骨院木川東(大阪市淀川区木川東1-10-32-102)にて

時間は、16時45分~19時45分の2時間

会費は2800円です。

 

新規の方も歓迎しますので、ご興味がある方はどうぞ!

これからも、二宮整体の素晴らしい技術を少しでも多くの方に広めてゆきたいと思っています。

お問い合わせ

内観
カウンセリング
外観

予約優先制!まずはお問い合わせください

電話で問い合わせ:06-6718-5537    LINE予約・問い合わせ

受付時間・アクセス

受付時間
【住所】
〒532-0012
大阪府大阪市淀川区木川東1丁目10−32
シャトーセレニティー102
【アクセス】
西中島南方駅より徒歩10分